ノート型ゲーミングPCのメリット・デメリット

外出先でも手軽にPCゲームを楽しむことができます

外出先でも手軽にPCゲームを楽しむことができます : コンパクト性が求められるノート型は実現可能な冷却性能に限界がある : 快適な環境でプレイしたいという場合はUSBハブが必須

ゲーミングPCと言えばデスクトップ型が主流ですが、ノート型のゲーミングPCはデスクトップ型とは異なり持ち運びできるのが最大の魅力です。
デスクトップ型よりもコンパクトサイズで、持ち運びを前提に設計されているので、外出先でも手軽にPCゲームを楽しむことができます。
加えて、本体・モニター・キーボード・マウスパッドが一体となっており、持ち運ぶケーブル類が電源コードのみなので荷物も増えません。
また、デスクトップ型の場合、PC本体だけでなくモニター・キーボード・マウスといった周辺機器が必須で、これらを本体に接続するためのケーブル類も購入する必要があります。
しかし、ノート型であれば操作に必要なものが全て本体に集約されているので、周辺機器を別途購入せずにゲームを始めることができます。
以上のようなメリットがあるため、外出先でもゲームを楽しみたい方、周辺機器をそろえるのが面倒といった方におすすめです。
一方で、ノート型のゲーミングPCは、デスクトップ型と比べると性能が低めというデメリットがあります。
モデルにもよりますが、最高性能のモデルを比べるとデスクトップ型の方が優れているのが現状です。